加圧Bear

加圧トレーニングのメカニズムをご説明

加圧トレーニングのメカニズムについて

加圧トレーニングは専用の加圧ベルトで適切に血流を制限した状態で行なうトレーニング


     

この加圧トレーニングのメカニズムでカラダに下記のプロセスが働きかけてくれます。

血行がよくなる!


加圧トレーニングによって血流が制限されると血管の収縮機能が高まります。


加圧トレーニングで血行がよくなるロジック


加圧トレーニングで血行がよくなるロジック

歳をとると、血管も衰えて弾力性を失います。

血液は酸素と栄養を体中に運ぶ、役目を果たしていますが、血流が悪くなると細胞の機能は低下し、新陳代謝が衰えて老化が進みます。これまで、手軽に血管を鍛える方法は存在しませんでした。

しかし、加圧トレーニングによって血流を低輝度に制限することで、血管の拡張・収縮機能を取り戻すことができるのです。

血管が若返る!


継続的な加圧トレーニングによって固くなった血管が一酸化窒素によって弾力を取り戻す


加圧トレーニングで血管が若返るロジック


加圧トレーニングで血管が若返るロジック

加齢によって血管が硬くなり、血液を押し出す力を失っていきます。

これが進行したのが動脈硬化です。血管の弾力性を取り戻すのに、一酸化窒素が重要なカギを握っています。一酸化窒素は血管内皮細胞から生まれ、血管を若返らせる働きを持っています。

加圧トレーニングを継続的に行うと、この一酸化窒素が分泌されるようになります。これによって血管が若返るのです。

2種類の筋力が同時に鍛えられる!


低負荷の加圧トレーニングを行なうと鍛え方の違う速筋と遅筋が同時に鍛えられる


加圧トレーニングで2種類の筋力が同時に鍛えられるロジック


加圧トレーニングで2種類の筋力が同時に鍛えられるロジック

筋肉には持久力を発揮する遅筋と、瞬発力を発揮する速筋があります。

遅筋を鍛えるには軽い負荷のトレーニングを長時間続ける必要があり、速筋は重い負荷のトレーニングによって鍛えられるので、2つの筋肉を同時には鍛えられません。

しかし、加圧トレーニングでは短時間の軽い負荷のトレーニングでも、脳が重い負荷だと錯覚して速筋と遅筋が同時に鍛えられるのです。

成長ホルモンが大量に分泌する!


加圧トレーニングを行なうことで、新陳代謝を活発にし、体中の細胞の再生・回復が早まる


加圧トレーニングで成長ホルモンが大量に分泌するロジック


加圧トレーニングで成長ホルモンが大量に分泌するロジック

成長ホルモンとは脳下垂体で作られ、体中に分泌されています。

カラダの成長と新陳代謝を活性化させる働きがあります。その他、免疫機能の強化、脂肪の減少、傷の回復期間の短縮など、若返りに多大な効果をもたらします。

筋肉疲労によって乳酸が生成されると、受容体を刺激します。すると、損傷した受容体を再生するために成長ホルモンが生成されます。


入会金無料!加圧トレーニングのプログラムについて